CATEGORY

中国

  • 2020年1月25日
  • 2020年1月25日
  • 0件

最上稲荷の御朱印と境内〜広大なエリアの神仏習合のお寺|岡山市

マッキー 引き続きKarinさんがお参りされたところをご紹介します。今回は岡山の最上稲荷です。Karinさん、よろしくお願いします。 karin はい、承知いたしました。     ご紹介するのは、岡山県岡山市北区にある最上稲荷(さいじょういなり)です。1月11日に参拝しました。 日蓮宗のお寺で、正式には最上稲荷山 妙教寺 と言います。 地方によって異なりますが、特に中国地方では […]

  • 2019年6月7日
  • 2020年1月21日
  • 0件

とうかさん円隆寺の大祭四百年記念御朱印!&御朱印帳やお祭りの風景

広島に夏の訪れを告げる、『とうかさん』が今年も始まりました。 期間は今日7日(金)、明日8日(土)、明後日9日(日)の3日間です。 広島市の中央通り・三川町にある「稲荷山(とうかさん)圓隆寺(円隆寺)」のお祭りであり、広島ではこの日を境に浴衣を着るという、「ゆかた祭り」でもあります。 今年は大祭が始まって400年の記念すべき年だということで、いつも以上に盛り上がっているようです。 円隆寺では、3日 […]

  • 2019年5月28日
  • 2020年1月21日
  • 0件

金持神社の御朱印と御朱印帳〜金運開運を祈るスポット|鳥取県米子市

こんにちは、マッキーです。 今回ご紹介するのは鳥取県米子市の「金持神社」です。 このブログで鳥取県の神社をご紹介するのは初めてとなりますね。karinさんが車で行かれたのでご紹介いただきます。 ちなみに私は最初「金持神社」を「かねもちじんじゃ」と読むのかなと思ったのですが、「かもちじんじゃ」のようですね。その名の由来も少し調べましたので後で書きたいと思います。 元々、地元に愛されている神社ですが、 […]

  • 2018年6月12日
  • 2020年1月22日
  • 1件

比治山神社の御朱印と山王神社〜比治山公園の神社|広島市南区

前の記事の「多聞院」から徒歩で5、6分、比治山神社(ひじやまじんじゃ)に行きました。 また、その後、近くの山王神社というところにも行きました。 山王神社は無人で、比治山神社の宮司さんが一緒に管理されているようでした。そういうところも結構多いですね。 ということで、両方をまとめてこの記事でご紹介したいと思います。 比治山神社は大きな神社です。私が行った時も参拝やご祈祷の方がだいぶいらしてました。 比 […]

  • 2018年6月12日
  • 2020年1月22日
  • 0件

多聞院の御朱印〜比治山公園入口にある真言宗のお寺|広島市南区

前回まで広島駅の北の社寺をご紹介しましたが、今回と次回、もう少し南に行って、広島市南区・比治山のお寺と神社をご紹介します。 南区に比治山という小山があり、その山全体が比治山公園という大きな公園となっています。その比治山公園の西側の登り口近くに「多聞院(たもんいん)」はあります。 昨年の5月ですが、そちらにお参りし、御朱印をいただきましたので境内の様子とともにご紹介します。 多聞院の御朱印 こちらの […]

  • 2018年6月11日
  • 2020年1月22日
  • 0件

広島山聖光寺の御朱印〜枯山水や花が美しい禅寺|広島市東区

7回に渡って広島駅北口『二葉山山麓七福神めぐり』を書いてきたのですがこの記事が最終回です。「聖光寺(しょうこうじ)」をご紹介します。 再度、今回の地図を載せておきますね。この一番東側になります。 前回の國前寺からは約200m、歩いて4、5分といったところです。國前寺と同様、坂を少し上ったところにあります。 國前寺は日蓮宗のお寺でしたが、こちらは曹洞宗の禅寺です。 行ったのは昨年の5月でしたが、緑が […]

  • 2018年6月10日
  • 2020年1月22日
  • 0件

國前寺(国前寺)の御朱印〜国重要文化財の美しい本堂|広島市東区

広島駅北口『二葉山山麓七福神めぐり』の6番目は「國前寺(こくぜんじ)」です。 前回の尾長天満宮からですと約300m、歩いて5分ほどです。JR広島駅北口からでも徒歩10分くらいだと思います。 このお寺は、尾長山(二葉山)の麓にいた暁忍という天台僧が日像上人に師事したのち、暦応3年(1340年)に開山した「暁忍寺」がその始まりだそうです。 その後、江戸時代になって、広島藩2代藩主・浅野光晟公の正室であ […]

  • 2018年6月10日
  • 2020年1月22日
  • 0件

尾長天満宮の御朱印〜菅原道真公への想いを広島で|広島市東区

『二葉山山麓七福神めぐり』の5回目は、尾長天満宮(おながてんまんぐう)です。 菅原道真を御祭神としている神社を天満宮と言うのはご存知だと思います。広島にも天満宮はいくつかありますが、ここ尾長天満宮は中でも最も代表的なところだと思います。 古くから尾長山には明星峰(尾長山)天神社という小さな社がありました。 道真は延喜元年(901年)、大宰府に左遷されるわけですが、道中、ここ二葉山(尾長山)のふもと […]

  • 2018年6月10日
  • 2020年1月22日
  • 0件

広島東照宮の御朱印と風景〜徳川家康公を祀った神社|広島市東区

『二葉山山麓七福神めぐり』の4番目は広島東照宮(ひろしまとうしょうぐう)をご紹介します。 東照宮といえば、徳川家光が建立した日光東照宮が有名ですが、その後、各地の大名にそれぞれの東照宮を作ることを奨励したのだそうです。その結果、多くの東照宮が作られ、ここ広島東照宮もその中の一つです。 広島藩の2代藩主だった浅野光晟公は、母君が徳川家康の三女(正清院 振姫)という関係もあり、慶安元年(1648年)7 […]

  • 2018年6月10日
  • 2020年1月22日
  • 2件

鶴羽根神社の御朱印〜鎌倉時代から続く歴史ある神社|広島市東区

前回の「明星院」を出たら、道を東に少し歩きます。1、2分も歩けば鶴羽根神社(つるはねじんじゃ)に到着します。 こちらは、元久年間(1204~1206年)に「椎木八幡宮」という名前で建立、御祭神を勧請したのが始まりだそうです。 長い期間の中には戦乱が繰り返され、この神社の興亡もあったようですが、江戸時代には広島城から東の一帯の氏神様として崇敬されたとのことです。現在の地に遷座されたのも江戸時代だそう […]