國前寺(国前寺)の御朱印〜国重要文化財の美しい本堂|広島市東区

広島駅北口『二葉山山麓七福神めぐり』の6番目は「國前寺(こくぜんじ)」です。

前回の尾長天満宮からですと約300m、歩いて5分ほどです。JR広島駅北口からでも徒歩10分くらいだと思います。

このお寺は、尾長山(二葉山)の麓にいた暁忍という天台僧が日像上人に師事したのち、暦応3年(1340年)に開山した「暁忍寺」がその始まりだそうです。
その後、江戸時代になって、広島藩2代藩主・浅野光晟公の正室である満姫がこのお寺に帰依し、浅野家の菩提寺として名前も「國前寺」として再興したものです。本堂や各お堂も光晟公や満姫が建て直したということです。

現在のものは近年修理されたものです。

本堂と庫裏は国の重要文化財になっています。
山門1



國前寺の場所

なだらかな坂を上っていくと、道路が二股に分かれるところに建っています。
山門
山門が非常に大きく堂々としています。


國前寺の御朱印

御朱印はコピーで作ったようなもので、少し残念な感じはしました。
まぁでもいろいろなご事情があるでしょうし、仕方がないですね。

他の方のブログを見ると「印は自分で押してくださいと書いてありました」とあって、朱印のついた写真もありましたので、私がうっかりしてしまったようです。
國前寺_御朱印メイン
さらに、4か月前の口コミで「コピーは300円、手書きは500円」と書いていた方がいらっしゃいました。
その辺、少し変わったのかもしれませんね。(私がお伺いしたのは1年前なので・・)



國前寺の境内風景

全体的にとても静かで落ち着いた雰囲気のところです。

山門
山門2
阿吽像が何やらユーモラスな感じです。
山門の阿吽像 阿吽像2 阿吽像2
手水舎
手水舎
本堂。国重要文化財に指定されています。
本堂前の階段から 本堂


庫裏(右側)。これも国重要文化財です。
境内全景
広々としています。
全体の風景
安穏閣(檀信徒会館)。家族葬などがここでできるようです。
安穏閣 ECCが貼ってあった建物
鐘楼
鐘楼
開山日像菩薩第650年忌記念碑
開山日像菩薩第650年忌記念碑
寺宝
  • 国内唯一である鳩摩羅什(くまらじゅう/紀元2世紀〜3世紀の中国の高僧)の木像
  • 魔王からのいただき物の木槌
江戸時代中期の怪談物語集『稲生物怪録(いのうもののけろく)』に登場する稲生平太郎が、魔王のひとり山本五郎左衛門から勇気を称えられいただいたという木槌がこのお寺に奉納され現存しています。
この木槌は毎年1月7日の「稲生祭」でご開帳されます。妖怪好きの方は見逃せませんね!


國前寺の七福神

『二葉山山麓七福神めぐり』、國前寺は「大黒天」です。
大黒様は打ち出の小槌と大きな袋を持っていて、五穀豊穣や子孫繁栄にご利益があると言われます。
大黒天 境内にいらっしゃいました。
大黒天
スポンサーリンク


それでは最後にこちらのデータをまとめておきます。

DATA

名 称:自昌山 國前寺(じしょうざん こくぜんじ)
宗 派:日蓮宗
住 所:広島県広島市東区山根町32-1
電 話: 082-261-4578
創 建:暦応3年(1340年)
開 基:暁忍坊
中興年:明暦2年(1656年)
中 興:自昌院(浅野光晟正室)

交 通:JR広島駅北口から徒歩10分
御朱印お志: 300円
二葉山山麓 七福神めぐり: 大黒天

主な行事
1月 新春開運初祈祷、稲生祭(如意宝ばけもの槌ご開帳)
3月 春季お彼岸会
4月 米寿祝賀会、七面会(七面様ご開帳法要)
8月 お盆せがき会、初盆並びに送り盆供養
9月 秋季お彼岸会
11月 お会式・護法大明神祭、宮島厳島神社 千畳閣聲明音楽法要
12月 永代供養法要




次回はこの『二葉山山麓七福神めぐり』の最終回、⑦聖光寺をお伝えします。

中国地方各県の御朱印をもらえる寺社はこちらのリストをご覧ください。
中国地方で御朱印がもらえる神社・お寺リスト

全国の他地方の御朱印は、お手数ですが
・下のリンクからトップページに戻り「全国の御朱印」から → サブメニュー と進むか
・PCの方:このページ最上部のメニュー「全国の御朱印」から → サブメニュー
・スマホの方:このページの最上部左の三本線メニューから → 「全国の御朱印」 → サブメニュー とお進みください。

トップペ

おすすめ記事(一部広告を含む)

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください