CATEGORY

近畿

  • 2020年1月20日
  • 2020年1月25日
  • 0件

勝尾寺の御朱印と境内風景〜勝ちダルマで勝運を上げる!|箕面市

遅くなってしまいましたが、2020年最初の記事となります。 皆さんそれぞれに初詣に行かれたことと思いますが、いかがだったでしょうか。 私は近所の「塩屋神社」という神社に行きました。 おみくじを引いたら「末吉」で、文言も少々厳しいものでした。(^_^; でもそれも、気を引き締めて頑張れという神様のお言葉だと思います。ありがたく頂戴します。 2020年が皆さんにとってどうぞ良い年でありますように。 そ […]

  • 2019年7月28日
  • 2020年1月20日
  • 0件

京都 矢田寺(矢田地蔵尊)の御朱印と風景〜ぬいぐるみ地蔵が可愛い!

マッキー 今回は京都の金剛山矢田寺をご紹介します。引き続きKarinさんにお願いします。よろしくお願いします。 karin はい、それではご案内します。 今回ご紹介するのは京都の「金剛山 矢田寺(やたでら)」です。 前回ご紹介した本能寺の山門を出て、寺町通を南に3分ほど歩くと「矢田寺」があります。近いので一緒に参拝されるといいと思います。 ここは錦市場から続いて入る商店街の一角です。人通りも多く、 […]

  • 2019年7月28日
  • 2019年11月25日
  • 0件

本能寺の御朱印と御朱印帳〜焼失再建の歴史と信長最期の寺|京都市

マッキー 今回は京都の本能寺をご紹介します。Karinさん、よろしくお願いします。 karin はい、承知いたしました。     今回ご紹介するのは京都の「本能寺(ほんのうじ)」です。 本能寺と言えば、やはり最も有名なのは、織田信長が家臣であった明智光秀に襲われた「本能寺の変」ですね。 天正10年(1582年)6月2日早朝、ここ本能寺に滞在していた信長でしたが、寝込みを光秀に襲 […]

  • 2019年7月27日
  • 2019年11月25日
  • 0件

錦天満宮の御朱印と風景〜賑かな市場の中の天神さん|京都市中京区

マッキー 今回は京都の錦天満宮をご紹介します。Karinさん、よろしくお願いします。 karin はい、承知いたしました。 今回ご紹介するのは京都市中京区の錦天満宮です。町中にある神社という感じです。 錦天満宮ってどんなところ? 錦天満宮は、京都の中心部、四条河原町から歩いて5分。新京極「錦市場」の東の突き当りにあります。すごく賑やかで、特に観光客の人がたくさんでした! ここは平安時代に、学問の神 […]

  • 2019年7月22日
  • 2019年11月25日
  • 0件

京都・紫雲山頂法寺六角堂の御朱印と境内風景〜生け花発祥の地

マッキー 今回は京都の紫雲山頂法寺六角堂をご紹介します。Karinさん、よろしくお願いします。 karin はい、承知いたしました。   今回ご紹介するのは京都の「六角堂(ろっかくどう)」です。正式には「紫雲山頂法寺」と言います。西国三十三所の第18番札所にもなっている有名なお寺です。 本堂が平面六角形なので「六角堂」と呼ばれているそうです。「頂法寺」よりも「六角堂」の呼び名の方が通って […]

  • 2019年7月22日
  • 2020年1月18日
  • 0件

難波八阪神社の御朱印と御朱印帳〜巨大な獅子頭にびっくり|大阪市

前回まで、読者さんのゆづきさんのご案内で、栃木県や東京の御朱印をご紹介してきました。 今回からしばらく、関西在住のkarinさんの行かれた寺社をご紹介します。 一部私も行っていて重なったところもありますが、そういうところはkarinさんを中心に、随時私のコメントも書いていきます。 まず最初は大阪の浪速区にある「難波八阪神社(なんばやさかじんじゃ)」です。 karinさんは今年の5月12日に行かれた […]

  • 2019年6月2日
  • 2020年1月21日
  • 0件

姫嶋神社(やりなおし神社)の御朱印と境内〜カラフルで楽しい御朱印

マッキーです。今回ご紹介するのは大阪の阪神電鉄・姫島駅から歩いて10分ほどの『姫嶋神社(ひめじまじんじゃ)』です。今回も読者さんのkarinさんにご案内していただきます。 「姫嶋神社は御朱印が可愛い」というのは、私も聞いたことがありました。ですが正直、あまりよくは知りませんでした。今回karinさんから写真をお預かりして、なるほど、可愛いしカラフルで、人気も出るだろうなぁというのがわかりました。 […]

  • 2019年6月2日
  • 2020年1月21日
  • 0件

尼崎えびす神社の御朱印と境内〜商売繁盛を祈る尼のえべっさん

マッキーです。読者のkarinさんによる尼崎の神社のレポートが続きますが、今回が最後の3社目、『尼崎えびす神社(尼崎戎神社)』です。 ここは「尼のえべっさん」「ちぢみさん」と呼ばれ、商売繁盛の神様として地元の特に商売をする人に愛されています。 毎年1月9日から11日まで行われる『十日戎大祭』は大勢の参拝客で賑わうそうです。 それではkarinさん、お願いします。 こんにちは、karinです。大物主 […]

  • 2019年6月2日
  • 2020年1月21日
  • 0件

櫻井神社(尼崎)の御朱印・御朱印帳と境内〜嵐のファンの聖地とも

マッキーです。今回も引き続き読者のkarinさんのレポートになります。 前回の大物主神社から直線距離で約700m、同じ尼崎市内の『櫻井神社(さくらいじんじゃ)』です。 元々、尼崎城の櫻井信定公より十六代忠興公までの歴代城主をお祀りした神社で、「櫻井」もそこから来ているわけですが、今はむしろ、嵐の「櫻井翔さん」と名前が同じことから、櫻井さんのファン、嵐のファンの人たちが多く参拝する神社となっているよ […]

  • 2019年6月1日
  • 2020年1月21日
  • 0件

大物主神社の御朱印と境内〜この地の地名にもなっている歴史あるお社

今回は兵庫県尼崎市の『大物主神社(おおものぬしじんじゃ)』を、引き続き読者のkarinさんのご案内でご紹介します。 それでは早速ですが、karinさん、お願いします。 はい。皆さんこんにちは。前回、甲子園素戔嗚神社をご紹介したのですが、同じ日に尼崎市の大物主神社に行きました。 こちらの御由緒によると、尼崎という場所はもともとこの地の三角州から発展し、大阪湾と瀬戸内海を繋ぐ海運の要衝だったそうです。 […]