【大阪市住吉区】住吉大社の御朱印と詳細〜全国の住吉神社の総本社

前の記事で大阪天満宮を取り上げました。それとは別口ですが、5月のゴールデンウィークに大阪の寺社を幾つか回りましたので、しばらくその時のことを書こうかと思っています。

私がその時に行ったのは、順に
・住吉大社 ・四天王寺 ・庚申堂 ・堀越神社 
・一心寺 ・安居天満宮 ・勝鬘院愛染堂
・大江神社 ・生國魂神社 ・今宮戎神社
  です。

この記事では最初に行った住吉大社をご案内します。





住吉大社は、大阪市住吉区にあります。

電車は南海本線の住吉大社駅からすぐです。

私は心斎橋に泊まっていたので、地下鉄でなんばに行き、南海電鉄に乗り換えて6駅目。
それほど遠くはありませんでした。

DSCN1108
住吉大社駅を出ると右に大きな公園がありますが、住吉大社は左側です。すぐに大きな鳥居が目に入ります。

DSCN1116 DSCN1115 DSCN1119
住吉神社と名がつく神社は全国に約2,300社もあるそうですね。ここ大阪の住吉大社はその総本社であると同時に、博多の住吉神社、下関の住吉神社と合わせて「日本三大住吉」とも呼ばれ愛されているところです。

ちょうど行った日も何組もの結婚式が行われていて、華やかで幸せそうな雰囲気に包まれていました。

先に、こちらでいただいた御朱印をご紹介しておきましょうね。
御朱印はこちらです。

住吉大社御朱印これ

鳥居をくぐると反橋(太鼓橋)を渡ります。

DSCN1124
渡ったところにもう一つ鳥居があって・・
そこで結婚式の記念撮影をされていました。
どうぞお幸せに〜〜(*^▽^*)

DSCN1125
ちなみにこの鳥居は「角鳥居(かくとりい)」と言って、珍しい四角柱の鳥居です。


境内
DSCN1131
御朱印の授与所は写真をとり忘れましたが、鳥居をくぐって境内に入りすぐ左手にあります。

DSCN1138
保存樹 これはクスノキだと思います。境内に7樹の大阪市指定保存樹があります。
DSCN1133
境内はかなり広いです。
DSCN1134
あちこちで参拝の柏手や鈴の音が響いていました。
DSCN1135 DSCN1154




本殿でまさに結婚式が行われていました。
余談ですが私は京都の八坂神社で結婚式を挙げました。昔のことですがちょっと蘇ってきました(*^_^*)

DSCN1139 DSCN1147 DSCN1151

住吉大社は結婚式も多いし、さらに安産祈願でも有名で、妊娠された多くの女性がご家族でお参りされます。安産祈願をすると「子まもり」という特別なお守りもいただけます。

また、初詣も大変多いそうですね。三が日の合計でなんと200万人にもなるとか! 大阪の人にとっては初詣といえば住吉大社さん(すみよっさん)というイメージがあると聞きました。


DATA

名 称:住吉大社(すみよしたいしゃ)
創 建:神功皇后摂政11年(推定紀元211年)と伝えられています。
御祭神:第一本宮:底筒男命(そこつつのおのみこと)
    第二本宮:中筒男命(なかつつのおのみこと)
    第三本宮:表筒男命(うはつつのおのみこと)
    第四本宮:神功皇后(じんぐうこうごう)

札所等 神仏霊場巡拝の道42番(大阪1番)
ホームページ:http://www.sumiyoshitaisha.net/index.html
オリジナル御朱印帳:あります

交 通:南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分
    路面電車・阪堺電気軌道 阪堺線・上町線 「住吉鳥居前」から徒歩すぐ
住 所:大阪市住吉区住吉2丁目9-89
TEL:06-6672-0753(社務所/9:00〜16:30)

開門時間:〔4月〜9月〕6:00〜16:00(外周門)、〜17:00(御垣内)
     〔10月〜3月〕6:30〜16:00(外周門)、〜17:00(御垣内)
     ※毎月1日と初辰日は600開門
     ※正月と住吉祭の期間は開門時間が異なります

主な祭事:
毎月の初辰日 初辰まいり(はったつさん)
1月 元旦祭、元始祭、踏歌神事、新年献詠祭
3月 招魂社春季例祭、皇霊殿遥拝式
4月 正印殿祭、おいとしぼし社春季例祭、五社春季例祭
5月 卯之葉神事
6月 御田植神事
7月 港住吉神社例祭、住吉祭
8月 住吉祭渡御祭、薄墨社例祭
9月 招魂社秋季例祭
12月 天長祭、大祓式・除夜祭、煤払式


毎月最初の辰の日に行なわれている「初辰まいり(はったつさん)」は、言葉が「商売発達」とも重なり、家業発展、商売繁盛を願う多くの人の参拝で賑わいます。この日に参れば神様から力を与えてもらい助けて頂けるそうで・・p(^-^)q それは私も行かねば!!と思います。

さらに、7月30日・31日・8月1日に行われる住吉祭(夏祭り)は「汐汲舟」(しおくみぶね)と呼ばれる舟が出て大阪湾の沖合から神聖な海水を持ってきて、その水で神輿を洗う「神輿洗神事(みこしあらいしんじ)」があったり、さらにお稚児さんらによる茅の輪くぐりの神事があったりと、大変賑やかです。

夏場の夜には反橋がライトアップされるそうですし、この時期に行くのもいいですね。私も一度行ってみたいものです。


それでは次の記事では四天王寺をご紹介します。



ほかの近畿各県の御朱印をもらえる寺社はこちらのリストをご覧ください。
近畿地方で御朱印がもらえる神社・お寺リスト

全国の他地方の御朱印は、お手数ですが
・下のリンクからトップページに戻り「全国の御朱印」から → サブメニュー と進むか
・PCの方:このページ最上部のメニュー「全国の御朱印」から → サブメニュー
・スマホの方:このページの最上部左の三本線メニューから → 「全国の御朱印」 → サブメニュー とお進みください。

トップページへ

おすすめ記事(一部広告を含む)

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください