円覚寺の御朱印〜津軽三十三ヶ所観音霊場|青森県深浦町

円覚寺というお寺は鎌倉市にもありますが、こちらは青森県にある真言宗の古刹、円覚寺です。えんがくじと読みます。809年の創建でこの地域で最も歴史のあるお寺の一つです。



平成30年の7月に、開山1150年の記念大法要が行われるとのことです。33年に一度のご本尊(十一面観世音菩薩)のご開帳があり、大護摩法要が行われます。
津軽三十三ヶ所観音霊場の第九番朱印所、第十二番札所にもなっています。

こちらの御朱印は、私の友人・H美さんが提供してくださいました。

円覚寺御朱印

H美さんからひとこと

H美さん(大)
深浦町にある「十二湖」に遊びに行ったんですが、その途中でたまたまこのお寺さんに気づいて立ち寄りました。

木々に囲まれた静かなお寺です。寺務所ですでに書かれた御朱印をいただきました。

十二湖もきれいですから、車で来られるなら、ここと十二湖と両方行ってみるのをおすすめします。

流れるような筆致が素晴らしいですね。

寺宝館「篤学館」

円覚寺の見所の一つが、お寺の宝を所蔵し公開している寺宝館「篤学館」です。全国的にも極めて珍しい、髪の毛を使って作られた刺繍掛け軸「三十三観音と毛髪刺繍八相釈尊涅槃図」、国の重要文化財「薬師堂内厨子」、国の重要有形民俗文化財「円覚寺奉納海上信仰資料」など、多くの貴重な所蔵物を鑑賞することができます。

さらに、深浦は江戸時代には北前船の寄港地として発展しましたが、その当時運んだ陶磁器、青玉数珠など当時の交易を偲ばせる資料が多数展示してあります。円覚寺にお参りしたら是非こちらにも寄りたいものです。
拝観料:大人400円、高校生250円、小中学生100円
拝観時間:毎日8時~17時(4月〜11月)8時~16時(12月〜3月)
それではこちらのデータをまとめておきます。


DATA

名 称:真言宗醍醐派 澗口観音 春光山 円覚寺(しゅんこうざん えんがくじ)
創 建:大同二年(西暦807年)征夷大将軍坂上田村麻呂が建立したと伝えられています。

札所等:津軽三十三ヶ所観音霊場 第十番札所
津軽三十三ヶ所観音霊場 第九番朱印所
津軽弘法大師霊場 第十二番札所
北国八十八ヶ所霊場 第六十番札所

住 所:青森県西津軽郡深浦町大字深浦字浜町275
電 話:0173-74-2029
ホームページ:http://www.engakuji.jp
メール:info@engakuji.jp

交 通:JR新青森駅より、JR川部駅またはJR弘前駅乗り換えで、約3時間
JR深浦駅より、徒歩約20分JR東日本五能線深浦駅下車徒歩20分
車の場合、東北道・浪岡ICより約2時間

駐車場:境内に駐車場あり、無料
社務所・授与所受付時間:毎日8時~17時(4月〜11月)8時~16時(12月〜3月)
初穂料:御朱印300円

主な行事:1月1日 新年除災招福祈願護摩祈祷
1月11日 船玉供(海上安全・大漁満足祈祷)
旧暦1月11日 船玉供(海上安全・大漁満足祈祷)
旧暦1月17日 初観音供
旧暦2月1日 春祈祷(仁王会 厄除け・家内安全祈祷)
(旧暦2月1日が彼岸に入ってしまう年は彼岸入りの前日)
旧暦4月8日 灌仏会(花祭り)
7月16日 本祭(宵宮)、柴燈護摩、火渡り行法
7月17日 本祭、大般若経六百巻転読観音護摩大法要
8月24日 地蔵夜祭
12月17日 納観音供産土講(裸参り)
近隣の観光地
【太宰の宿 ふかうら文学館】
青森出身の太宰治・大町桂月と、出身は四国ですが青森をこよなく愛した成田千空、青森ゆかりの三人の作家をメインに展示しています。また、深浦に関係の深い文人の資料も展示してあります。建物は太宰治も愛用したという旧秋田屋旅館を改築したものです。こちらで過去の文人を想い、文学の気持ちに浸るのもいいものだと思います。
開館時間 8時30分~17時
観覧料 一般300円 高校生・大学生200円 小中学生100円
休館日 年末年始 12月28日~1月4日
お問い合わせ 青森県西津軽郡深浦町大字深浦字浜町134 TEL・FAX:0173-84-1070
ほかの東北各県の御朱印をもらえる寺社はこちらのリストをご覧ください。
東北地方で御朱印がもらえる神社・お寺リスト全国の他地方の御朱印は、お手数ですが
・下のリンクからトップページに戻り「全国の御朱印」から → サブメニュー と進むか
・PCの方:このページ最上部のメニュー「全国の御朱印」から → サブメニュー
・スマホの方:このページの最上部左の三本線メニューから → 「全国の御朱印」 → サブメニュー とお進みください。

トップページへ

おすすめ記事(一部広告を含む)

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください