紫雲山壬生寺の御朱印と境内風景〜慈覚大師誕生の聖地を訪れる

栃木県下都賀郡壬生町の「紫雲山壬生寺(しうんざん みぶじ)」の御朱印と境内風景をご紹介します。

平安時代前期の天台宗の高僧であり、奥州平泉の中尊寺を開いた慈覚大師・円仁(えんにん)師が誕生された聖地としても知られています。

こちらの御朱印や境内風景を、読者さんのゆづきさんのご案内でお届けします。それではよろしくお願いします。



ゆづきさん(大)
はい、承知致しました。

私は足利に行く途中でここをよく通ります。この時も車で行きました。電車でしたら東武宇都宮線の壬生駅が最寄りになりますが、駅から1km程度歩くようなので、なるべく車利用の方がいいかと思います。駐車場は境内前にあります。

大通りに看板が出ていて、ここがお寺だとわかりやすいです。


紫雲山壬生寺の御朱印

早速ですが、こちらでいただいた御朱印です。この時は、一番中心的な御朱印である「慈覚大師尊」の御朱印と、「出世六地蔵尊」の御朱印の二つをいただきました。

紫雲山壬生寺_御朱印
紫雲山壬生寺2_御朱印
こちらは御朱印は隣で「壬生寺保育園」という保育園を経営されていますが、入って右側にある保育園の事務所にお声掛けすればいただけます。置きのものでしたが2ついただくことができ、毛筆でしっかり書かれたものでした。

志納料は確か1つ300円を納めました。

スポンサーリンク


紫雲山壬生寺の境内風景

それでは、こちらの境内風景です。

山門
山門
常香炉
常香炉
本堂。行った日が休日だったからかわかりませんが、本堂が施錠されておりました。普段から中は見られないのかな?
本堂
慈覚大師堂。朱塗りが鮮やかです。
慈覚大師堂
鐘楼
鐘楼
地蔵堂。「六地蔵菩薩」「出世地蔵尊」と書いてあります。
地蔵堂
坂村真民氏の「念ずれば花ひらく」の石碑がありました。
「念ずれば花ひらく」の石碑
由来が書かれた板
由来が書かれた板

あとで調べたら、こちらの敷地内には、慈覚大師がお生まれになった時に使ったという「産湯の井戸」があります。
パワースポットで特にお産にご利益があるようです。(境内内にあったのですが、気が付かなかったので残念!)


紫雲山壬生寺を撮った動画を共有させていただきます。




ありがとうございました。
それではこのお寺のデータをまとめます。

DATA

名 称:紫雲山壬生寺(しうんざん みぶじ)
住 所:栃木県下都賀郡壬生町大師町11-17
電 話:0282-82-0811
宗 旨:天台宗
創 建:貞享三年(1686年)天真親王・三浦壱岐守直次による
御本尊:不動明王
御朱印:300円

ホームページ:http://www.jikakudaishi.com/
お問い合わせはホームページの「問い合わせ」からか
もしくはメールで jikakudaishi.@orion.ocn.ne.jp へ

交 通:
電車の場合:東武宇都宮線「壬生駅」下車、徒歩20分
車の場合:北関東自動車道 壬生I.C.から車で10分
東北自動車道栃木I.C.から20分

国内旅行の検索・予約ができてポイントも貯まる!


主な行事
1月1日 初詣・新年大護摩供
2月3日 厄除け節分会追儺
3月春分の日 春季彼岸会施餓鬼法要
4月第3日曜日 壬生円仁大師まつり・慈覚大師春季例大祭
7月 地蔵まつり
11月1日~15日 七五三祝祈祷会
12月31日 除夜の鐘
毎月14日 慈覚大師御縁日 月護摩供



ひとまず栃木県の寺社は今回で一旦終了で、次回から神奈川・東京の自社をご紹介する予定です。


関東各都県の御朱印をもらえる寺社はこちらのリストをご覧ください。
関東地方で御朱印がもらえる神社・お寺リスト

全国の他地方の御朱印は、お手数ですが
・下のリンクからトップページに戻り「全国の御朱印」から → サブメニュー と進むか
・PCの方:このページ最上部のメニュー「全国の御朱印」から → サブメニュー
・スマホの方:このページの最上部左の三本線メニューから → 「全国の御朱印」 → サブメニュー とお進みください。

トップページへ

おすすめ記事(一部広告を含む)

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください